アロマテラピーを安全に行うために

精油は肌に直接つけないこと
精油は刺激が大変強く、直接肌に付くと赤くなったり、かゆみを生じさせることがあります。また、目や傷口、唇にも付けてはいけません。万一、付いた場合は水でよく洗い流して医師の診断を受けてください。
パッチテストを行うこと
体質によっては精油が合わないことがあります。アロマバスなど希釈して肌に付けたい場合は必ずパッチテストを行ってください。ホホバオイルなどキャリアオイル(5ml〜10ml)に、精油1滴(0.03ml〜0.05ml)加えたものを、二の腕に1円玉程度の大きさで塗ります。塗った部分にバンソコウを貼り、12時間〜24時間くらい様子を見ます。何もなければ使用できます。かゆみが出たりや赤くなっていたら、その精油は合わないことになります。
内服しないこと
高濃度の成分が内臓に障害をもたらすことがあります。絶対に飲まない、特に子どもやペットの手が届くところに保管しないこと。
火のそばに置かないこと
引火することがあるので、台所やストーブのそば、火のついたキャンドルのそばには精油の容器を置かないこと。
赤ちゃんには使わないこと
精油の刺激は赤ちゃんにとってとても危険です。乳幼児には使用禁止です。
使える精油かどうか確認すること
精油の中には、妊娠初期、妊娠中、授乳中、敏感肌の方にとって害がある成分が含まれていることがあります。精油を選ぶ際は、アロマショップのスタッフやアロマの専門書などでよく調べて使ってください。
使用量と使用期限を守ること
精油の種類ごとに期限が異なります。注意書きをよく読んで、適切な場所で保管して使ってください。
注意

※アロマテラピーは医術や医療ではありません。精油をご使用の際は、製品についての注意を必ず読み、正しくお使いください。
※妊娠中の方・重い病気の方・慢性的な病気のある方など、健康状態が気になる方は、必ず使う前に医師にご相談ください。
※当サイトはアロマセラピーに関する行為によって生じた一切の損傷・負傷・その他についての責任は負いかねます。ご了承ください。